保育園に関する情報が満載!

鉄道会社が経営する保育園

鉄道会社の中には保育園を運営しているところがあり、今までにないビジネスのスタイルになっています。
またこのビジネスは、利用者にとっても利点があるということを主張することができます。
鉄道会社の場合においては駅の中などに設置して、保育園を経営していくということになります。
鉄道会社にとっては駅という経営資源を利用したビジネスで、収益増加を期待することが可能となります。
また子供のうちから駅に訪れることになり、子供たちに親近感を与えて将来の顧客として見込むことができます。
他にも鉄道会社が保有する施設或いは敷地に構えることで、土地代をカットすることができるのです。
ここで利用者が駅に作られた保育園を利用することには、以下のようなメリットを見込むことができます。
通勤途中にあるので、途中で立ち寄って送迎をすることができるようになります。
とりわけ鉄道会社の子会社が運営するビルに入居しているオフィスに勤めている人は、送迎時間を短くすることが可能です。

保育園経営には将来性がある

保育園を経営するのは、初期投資が他の経営に比べて少なく、利益率が高いので難しくはないと言われています。
保育園の事業は保育サービスですから、商品の仕入れや在庫を抱える必要がありません。
毎月の公共料金や人件費、家賃を売上高から支払えば、残りはまた再投資できます。
また、一度入園されたお子さんは、余程のことがない限り他の保育園に転園することはありません。
継続した収入を見込めるため、非常に安定した経営を行うことができるのです。
女性の社会進出により、保育施設の不足が社会問題になっています。
シングルマザーが増えたことなども、女性が働かなければいけない原因となっており、待機児童は増えてきているのです。
また、忙しいお母さんや育児ストレスなどのために、一時的にお子さんを預かるという一時保育のニーズも高まっており、今現在働いていない主婦でも就業を希望している人は多いため、保育園はこれからもどんどん必要になっていくでしょう。

Valuable information

2017/2/20 更新