保育園に関する情報が満載!

保育園の先生と保護者への連絡

保育園の先生は、一人で何人もの子供の世話をする必要があります。
担当する子供の年齢や園の方針によって一人で見る場合もあれば、複数で見る場合もありますが、ここで重要となってくるのは子ども達との関わり方だけでなく、保護者との関係だという事を知っておくと良いでしょう。
保育園の場合、働いている保護者の方が多く、時には園の様子が全く分からないという人も珍しくありません。
安心して子供を預ける為には、どういう事をしたのか、どういう事ができる様になったのか、どういう指導をしたのかという事を一つでも良いので伝える事が重要と言えます。
そうして連絡を取っておくと、知らなかったという事にもなりにくくなるからです。
ただ連絡自体は電話でも良いし直接話すのも良いのですが、なかなか時間が無いと言う場合は連絡帳を利用する方法もあります。
この方法であれば保育園の様子を上手に伝える事も出来るし、何より記録としても残す事ができるのでとても便利です。

保育園の送迎バスを先生が運転する

保育園が実施しているサービスの一つに、送迎バスによる送り迎えを挙げることが可能です。
なお送迎バスを運転するときには、使用する車両に応じた免許が必要となってきます。
このとき、保育園の先生にバスを運転してもらうというやり方が存在しています。
保育園の園長が送迎を担当するときには、必要な免許を取得して子供たちの通学を担います。
もしくは、他の先生に免許を取ってもらって送迎業務をお願いするという方法もあります。
関係者が運転を担当することにより、専門の運転手を雇用しなくても済むという長所があります。
それは、関係者以外の人件費を投入する必要がないということを意味しているのです。
保育園で運行する送迎バスの運転手に関係者を起用することで、コストを抑えるという効果を発揮させることができます。
そのため先生を雇うときにおいては免許を持っている人を採用したり、持っていない人には免許を取ってもらうという選択があります。

check

最終更新日:2016/1/15